コンプレックスを短時間で解消することが出来る施術

サイトメニュー

簡単に除去する方法

女性

除去の仕方について

ほくろはほとんどのものに関しては良性なのですが、中にはガンなどの悪性のものもありますので除去する場合保険適応内で行えることも珍しくありません。クリニックによって判断基準が異なりますから保険適応内で治療を受けたい場合は事前に確認しておくと良いでしょう。ほくろは一般的な皮膚科でも治療することが可能ですが、皮膚科の場合はあくまでも治療を目的としています。仕上がりを美しくするために行うものではありませんから、出来るだけ除去跡を残したくないのならば仕上がりを重視してくれるような美容専門の機関で行ったほうが良いかもしれません。具体的には美容外科、美容皮膚科、形成外科などが挙げられます。治療を行う際には麻酔をしたり、その後は抗生物質を服用することがほとんどですから場合によっては施術を受けることが出来ないケースもありますので注意しましょう。妊娠中や母乳育児を行っている方は影響を及ぼすことがありますから控えたほうが安心です。それ以外にも現在進行形で何か薬を服用している場合は必ず自己申告し、施術を受けることが出来るかどうかを医師の判断にゆだねてください。施術自体は簡単なものであれば数分で終わりますし、手術を要するものであっても1時間以内には完了するでしょう。

ほくろの治療はひとつではありません。いくつかの種類がありますので、自身のほくろの形状からどの治療法がベストなのかを医師と相談しながら決めましょう。最近主流となっているものが炭酸ガスレーザーです。切除や縫合をする必要がないので、傷跡としても残りにくく回復も早い治療と言って良いでしょうレーザーで照射することによってほくろを除去することが可能です。照射した部分が塞がるまでに大体2週間程度かかりますので、その間に軟膏を塗ってテープで保護することが必須になります。その後のアフターケアを行うことによって跡が目立つことはほとんどありません。ほくろが大きい場合はレーザー治療が行えないケースがあります。そんな場合はくり抜き法や切除縫合法が選択されます。患部を切除してくり抜き法の場合は自然に塞がるのを待つのが一般的です。切除縫合法の場合は大きい形状のときに向いている治療法なのですが、患部を切除してその部分を縫合することによって完全に除去することが可能になります。再発の可能性も少なく、保険も適応されることが多いですから人気の施術方法でもあります。どの施術に関してもアフターケアが大切になります。アフターケアをしっかり行えば傷跡として目立つこともほとんどありません。

Copyright© 2019 コンプレックスを短時間で解消することが出来る施術 All Rights Reserved.