コンプレックスを短時間で解消することが出来る施術

サイトメニュー

除去する方法

鏡を見る女性

施術の仕方や経過について

段々と大きくなるようなほくろは特に注意が必要です。顔の目立つ部分にほくろがある場合に除去する人が多いのですが、それ以外にも成長しているほくろに関しては悪性の場合もありますので除去したほうが安心でしょう。いぼ状になっているものや膨らんでいるものに関しては保険が適用されるケースが多いので、自己負担額は大体5千円から1万円前後です。大きさや施術方法にもよりますが、保険が適用されれば安く除去することが可能です。小さいほくろに関しては美容目的とされて実費になることがありますので事前に確認してからクリニックを選んだ方が良いかもしれません。クリニックによって基準は多少異なります。まずはカウンセリングの予約をしましょう。カウンセリングを受けてから後日予約を入れる場合もありますし、そのまま治療を実施することもあります。後日予約を入れる場合は出来るだけ早めに予約を取ることをおすすめします。クリニックによってはカウンセリングを受けてから一定期間経ってしまうと再度カウンセリングをしなければならなくなってしまいます。そうすると次にまたカウンセリングを受ける費用が発生してしまいます。治療自体は短時間で完了し、麻酔をして行うので施術中は痛みもほとんどありません。

ほくろの治療自体は短時間で完了します。注意しなければならないのがその後の経過です。治療の仕方としてはレーザーで行う方法や患部をくり抜く方法、患部とその周りの皮膚を切除して縫合する方法などがあります。どの治療に関しても言えることが術後のケアの大切さです。一時的に傷状態になっていますから、跡が残らないようにしっかりとケアすることが重要なのです。このケアを怠ってしまうと傷跡が残ったり色素沈着してしまう可能性もありますので気を付けましょう。術後は軟膏を塗ってテープや専用の絆創膏を使用して患部を保護します。保護する理由としては傷の治りかけの際には皮膚が薄いですので特に日に焼けやすいのです。患部を晒しておくと日焼けしてしまい、その部分だけ皮膚の色が変わってしまう事になり兼ねませんから、しばらくは保護しておくことが推進されています。日常生活自体に支障はありませんが、その部分だけメイクを避けたりテープや絆創膏をしたりすることになりますのでその点に関しては理解しておきましょう。他の皮膚と同じ状態になるまでにかかる時間は人によって異なりますが、半年から一年経てばどこにほくろがあったのかほとんど分からない状態まで回復します。術後に何か不安があるのならばすぐに受診したクリニックに相談してみてください。

Copyright© 2019 コンプレックスを短時間で解消することが出来る施術 All Rights Reserved.