コンプレックスを短時間で解消することが出来る施術

サイトメニュー

レーザーや切除縫合法

看護師と患者

美容外科では診察や検査をしてくれます

ほくろは茶褐色で、数ミリ程度の小さいものから、黒くて盛り上がっており、直径が5mm以上の大きなものまであります。顔や首、胸元などの目立つ部分にあると、容姿に悪影響が出てしまいます。美容外科のクリニックでは、炭酸ガスレーザーやレーザー治療を行っています。事前に予約を入れておくと、診察を行ったり、病理検査なども行っています。ほくろはシミとは違って、美白用の化粧品も効果がないことがほとんどです。炭酸ガスレーザーやレーザー治療のメリットは、メスで切除をする必要がない点です。切除をする必要がないので、傷の治りが速く、30分程度で施術を終えることが出来ます。施術を受けた直後は、お肌がとてもデリケートになっているため、UV対策が必要です。日焼け止めを使用したり、外出をする時は日傘や帽子が必要です。レーザー治療は、軽い火傷を起こすことで、ほくろを除去する治療法です。施術を受けてから、1週間から10日ぐらいでかさぶたになるので、少しずつ剥がれ落ちてきます。ほくろ除去をした後は、きれいな皮膚が盛り上がってくるので、安心して下さい。専門的な知識や高い技術が必要な治療なので、症例数を多く取り扱っている美容外科がお勧めです。無理な勧誘などもなく、親切で丁寧な応対のクリニックを選ぶと良いでしょう。

ほくろが5mm以上だったり、盛り上がっている形状の場合は、電気メスによる切除を提案されることが多いです。美容皮膚科のクリニックでは、治療が必要なケースの場合は、保険適用が受けられる可能性があります。電気メスによる切除縫合法は、大変ポピュラーやほくろ治療です。ほくろが大きい場合は、健康な皮膚を切除する必要があります。顔の場合は血流が良いので、比較的傷の治りが速いなどのメリットがあります。切除縫合法のメリットは、レーザーに比べると再発が少なく、一回で治療を終えることが出来ます。切除縫合法は多少の傷が残る場合もありますが、高い技術を持った医師が在籍をしているので、なるべく目立たないように丁寧に縫合をしてくれます。電気メスによる切除縫合法の場合は、縫合をする必要があるので、1週間後ぐらいに抜糸が必要です。信頼できる美容外科のクリニックを選ぶと、手術後のアフターケアが丁寧なので、安心して治療が受けられます。ほくろが良性なのか、悪性なのかわからない場合は、医師に相談をして、病理検査を受けておく必要があります。顔に大きな目立つほくろがあると、コンプレックスを感じている人がほとんどです。適切な治療を受けることで、見た目の印象が良くなり、自信が持てるようになります。

Copyright© 2019 コンプレックスを短時間で解消することが出来る施術 All Rights Reserved.